夏始動

喫煙具に凝る性格ではないですが、
秋田生まれなので煙草入れは樺細工を愛用。桜の樹皮で出来ています。

煙草の銘柄はPeaceなので、桜と鳩と平和がオールインワン。



で、樺細工の手入れについてずっと考えていたんだけど、
ややメタリックを思わせる光沢はありつつも無垢材なので、
家具用のオイルがいいんじゃないかなーと。

プレッジは滑りすぎる。
そしてお洒落なオジサンの匂いがする。
似た香りのレザー用オイルなんか使い慣れてるので、どちらかと言えば好みなんだけど、
やたら滑りまくるのは避けたい。
手の中でお洒落なオジサンが滑りまくるなんて。


オレンジ油系は汚れ落としと磨き上げの両方が一度に出来るけど、
「ミネラルオイル」が引っ掛かるようで、
アクのようなものが底無しに出て艶消しになってしまう。これは相性がよろしくなかった。


一番良かったのはMartinのギターポリッシュ。
いつも手に触れるものなので、楽器用はどうかと試してみたら相性抜群で。

これはニス仕上げでなくても仕上がりが相当良いです。
意外な強靭さを持ちながらも羽のように軽い樺細工がしっとりツルスベに。


そう、暗闇な車道をヨチヨチ歩いていたニホンカブトムシに
地面にしがみついて拒まれながらも助けてあげたくなった時を思い出しました。
(カブトムシは無事に誘導しました)




関係ないけど、この間玄関の近くで見掛けたカマキリ。
立ち止まってじっと見ていたら「やんのか?」みたいに構えて。

バッタなら慌てて逃げていくんだけど、
慌てて逃げるタイミングでこっちも脅かされるので、
まだ威嚇される方がいいなと思いました。

地味に嫌なのは死んで潰れてアスファルトと一体化したセミです。
アブラゼミじゃないやつが特に紛らわしい。

生きてるセミは、あー生きてるなぁと思う程度なんだけど。

それこそ夜のコンビニへ度々入店を謀り、
レジ君が虫取網を振り回して何度外へ追いやっても埒が明かず、
その一部始終をお会計から信号待ちに至るまでぼんやり見ていた自分の腕に止まり、


「これ、連れて行きますか」

レジ君「有り難うございます!」




つぶらな瞳が首もとに迫ってくるまで何とか堪えた去年の夏とか。
まあ、よく行くコンビニなので売り上げが落ちたら嫌だなって。

こういうのばかりだと困るんだけど。



さっ、ギターポリッシュがずば抜けて良かったので、
その辺の家具も磨いてみようか。



久し振りに日記らしい日記。
大勢のヒグラシがいなくなるまでは梅雨かと言うくらい最低気温と湿度が高いので、
今から夏本番なつもりで楽しむ。


おしまい

Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Sort
Past
Link