変な夢

病院か市役所か判然としない、
ひどく味気ないコンビニでバイト中のお医者さん。白衣。

スティック糊かリップクリームのようなものを2つ買って、
お会計をお願いしたらレジがない。

いちおう代金は支払ったのだけど、店員さん(医者)は何かしながら
「ちょっと待ってくださいねー」と言って背中を向けたまま数分が過ぎた。

大した額ではなく、48円のおつりなんだけど。

話しかけたら悪いかなと思いつつ、
控えめに申し出ておつりを受け取ったら、
ニコニコ顔でPP袋に入った新薬(サプリ?)とチラシを手渡された。

どうも自然療法の最先端を目指して自前で作ったものを配っているらしい。
同時に、健康診断の検査結果が入った封筒まで渡された。
そんなのいつ検査したっけ?と不思議に思ったが、
あるものはあるんだから存在していますというものだった。
手書きのイラストでびっしり埋め尽くされた新薬のチラシを読んでみると

「体調に著しい改善が見られた場合、治験にご協力いただけると嬉しいです!」
「寄付大歓迎!¥5,000~」

とあった。

コンビニでバイト中のお医者さんは飲食店まで経営しているようで、
これから食材の買い出しに行くと言ってアロハシャツに着替えてた。

アロハシャツのお医者さんが電車に乗って買い物行くのかー、
ベンチャー企業って大変なんだなと。

何となく一緒に駅まで行ったら、
別れ際にプラボトル入りのオセロみたいなツートンのチョコを数粒くれました。
ミルクと抹茶味のおいしいチョコ。これもサプリらしい。


もう数年前の事だけど、
ヒトの遺伝子から勝手に(この場合自分)つくった薬で
とんでもなくボロ儲けしてる製薬会社の幹部とやり合ってる夢を見たことがある。
今でもありありと思い出せるほど腹が立ってウンザリする夢だったんだけど、
今回の夢はなんだか楽しかったな。
夢のある夢というかね。

これが未来の医療だったらいいなあ。


そういや今日は小豆粥。
大事にとっておいたと言うよりは意地汚さから()
手を付けずにいた2022年産のあずきを煮てます。

炒った玄米を白米に混ぜて炊いたお粥がなかなか美味しいので、
精米の時に玄米をちょっとだけ取り分けて炒るんだよね。
毎年大体こんな感じで作ってる。


ありがとう秋田。ありがとう北海道。
美味しくできますように。
Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Sort
Past
Link