純正

年賀状、寒中見舞い、直近だと残暑見舞いハガキ。
毎年作って方々に送るんだけど、ハガキ選びって結構ギャンブル。

光沢ハガキは「厚手」や「特厚」でないとしっくり来ないので、
使うのはいつもプリンタメーカーの純正品とは違う他社製光沢紙なんだよね。

どうしても黒や暗部の発色が眠くて変な粒状感が目立つかな……
猛烈な湿度に見舞われる夏場は特に厳しい。
合紙で中綴じの冊子を作って、そこに挟んだままドライヤーの熱風に晒すんだけど、
1日経ってもなかなか浸透しなくて。
(明るく淡い色ならさほど問題なし)


で、暇つぶしに過去の撮影データをいじってプリント。

純正光沢紙(L判)にプリントすると差が歴然というか、
ソフト上で開いている画面のデータと遜色なくズバッと入る。

もともとカラープロファイルに疎いし、PSEはRGBのみでCMYKが扱えないんだけど、
プリンタ側とのカラーマッチングを「知覚的」に設定して印刷すれば
極端なシアン系や曖昧な薄緑でない限りちゃんと色が出る。

純正光沢紙はガッツリ出る



Cannonさん。

100枚入りじゃなくて70枚でもいいから、特厚(0.26mm以上)の光沢紙ハガキ出しませんか。
ペラッペラだと湿度で反り返った印刷面にプリントヘッドがぶつかるんです。
フチがびゃーっと墨塗りしたようになっちゃう。

インクカートリッジタケー!8色買うのイテー!とか思ってても言わないんで。

そんなに言わないんで。


やっぱりキヤノン純正の写真用紙はいい!

(でもNikonユーザー)
Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Sort
Past
Link