夜間のポラ撮影

・夜中
・台所
・暖房ない

寒い暗いコノヤロウって叫びたくなる悪条件が憎さ百万倍の愛らしいツラ提げて揃い踏み。
そんな素晴らしい環境で歯を食いしばってポラ撮影してみました。
というのは去年でずっと温めていました。温めすぎたら腐るからメモ代わりの記事に。


lecture_1
何て解りやすい撮影風景だろう。

右上のちっこいクリップランプ、電球は近年中に廃止されるという白熱灯。
あとは流し台に備え付けの蛍光灯。

ただ光を当てただけでは豪快に影が出るし、均一に分散させるために折り畳み傘で緩和してます。
フィルムが排出されたらガスコンロ(弱火)にかざして、 像が浮かび上がったら火を止めて終わり。

場所がキッチンというのもあって文字通り調理をしているような気分。
(撮ったのも食べ物。これは後日)



lecture_2

夏にはベージュっぽい色になる室内の自然光も、日照が短いこの時期は黄色が全面に出る(右)。
色カブリの代表格を2つ使うからどうしても緑とオレンジを足した色味になるし、
やわらかな太陽光にはどうしたって敵わないけど、
混ぜて分散させると「ミスター橙&ミセス緑」っていう想像の容易い転び方はしないと思う(左)。


使用期限が今月のポラ用フィルムが2本も残ってる。
装填したら撮るしかない。たったそれだけなんだけど、それが何だか。

何撮るかまだ未定。


余談

BGMはSANTANAの「BORBOLETTA」(邦題は「不死蝶」)。
視聴の段階では歌ものだと知らなかったんだけど、Mirageって曲が好き。
Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Sort
Past
Link