おニュー機材

撮影機材がチコッと増えた。


大:鯖折りManfrottoエレベータ三脚
中:昔からある金属アメンボ三脚

プラス、おニューにJOBYハンディーポッド。

20200813_7

20200813_8

20200813_11


同タイプで比較に挙がりそうなManfrottoの実物も店頭で見てみたけど、
劣化の度合いなどを見るとこちらの方が剛健性に長けている印象だった。
……まあ、このあたりは個人の好むところによります。

20200813_12



ラバーが流線形の脚部全体に沿うよう配されているため石突がモゲる心配はなく、
行儀よく「気を付け」をした佇まいが美しい。断トツのグリップ感。

たたんだ時の収まりがとにかくいいので、
何かの折に脚が拡がって引っ掛かることもなさそうだし、
曲がったら困る方向へグキッと行っちまう恐れも少ないと思う。


収まりの良さと言えばもうひとつ。
自由雲台部分が一部切り欠き状になっているため、
機材との相性次第では90度真横に倒して縦位置撮影もできます。

20200813_10
20200813_9



手に触れる部分は時々水洗いすれば材質上の劣化もそこそこ防げそう。
20200813_15
(V1と)


(D5300と)
20200813_5
20200813_6


D5300は軽量であってもサイズ的に重心が安定しにくいので、
この角度では手を添える必要がある。レベラー必須です。


とまあ、総重量・自由雲台の角度・重心さえ配慮すれば
コンデジから一眼までカバーできるし、ビデオライトのスタンドとしても活躍。

自由雲台でグッリグリ。




機動性・機能性・収納性・芸術性を求める方に
後方から迫って喉笛をゆっくり潰す勢いでおすすめしたい。


以上、レビューでした。







「首をかしげたタコバナナ」

「自転車のハンドル」


必要のないネーミングをつい考えがちだけど

とりあえずコレで頭叩いたらとても痛かったです。
Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Sort
Past
Link