夢で

外に出て窓掃除をしている父が、
大きく弧を描くように右往左往する雑巾の緩慢な動きに合わせて
ものすごく変な顔をしてふざけている。

外なのでこちらには音が聴こえない。

ガラス越しの静寂が余計におかしい。


もっと言うと、眼に痛いほどの青空を背負いながら窓掃除をして、
変な顔をするたびに頭髪までダイナミックに変形している。

そして本人はそれに気付いていない。









我が父よ。
あまり無いはずの髪が夢ではあんなにフッサフッサで申し訳ない。

笑い死ぬほど笑う自分の声で目を覚ますとは思わなかった。
Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Sort
Past
Link