髪を20グラム切った。

頭爆発の春だ。
傷んだ前髪を食いながら歩くのはもうたくさんだ。

…………髪をジョキジョキ切ると体重減るよね。
ハサミを握っている2時間弱、これはある意味闘いなのかもしれない。

今回カリスマ美容師降臨は何とか阻止しました。

春だ。
久し振りに前髪を作ってさっぱりした。


やっと春だぜオ"ェェエアェイ!

Sammy!!!!!

あんまり寒いと日頃の調理にも行き詰まってヤル気が向かわなくなる。

基本はご飯なので、変化系としてチャーハンやリゾット、お粥などにするし、
麺類は8割方パスタ料理か。

何も考えたくないときにはカンパーニュを1本こしらえてスープを作る。
キャベツと玉葱さえあればなんとかなるから。


それでも「かったりーな」と思う日には違ったことをする。
何かしら肉をじっくり煮込んで、付け合わせに中華まんじゅう!

饅頭(マントウ)。
マン島TTレースではない。


この世に時間が存在していて本当によかった。
時間に調理してもらうと考えるだけで気負わず楽になるから。


何となく作って上手く出来たものは大体レシピとして書き残してあって、
これもここ10年くらいの間に書いたものだと思うけど、
いざという時に役立つと「残しといてよかったな~」って。

食材を無駄にしてしまうことが一番嫌なので。
パンものの作り方もだいぶ変えてきたので、新たに書き残すかな。



ただ、せめて字くらいはきれいに書きたいもんだ。

14日

夢の中で眠る夢を見る。
夢だというのに布団で目が覚めて、
隣にいた人に「あ、ごめんね~」と声を掛けられたことだけは覚えている。


そのあと場面が吹っ飛んでどこかの公立高校にいた。
マンションの階段の昇り口くらいしかないところに学生が吸い込まれていく。
全校生徒がこんな狭い昇降口から校内に入るのかと、
自分もぞろぞろ階段を昇る集団の中にいたので途方にくれた。

やっと4階あたりまで来てガラス窓から校庭を見下ろしたら、
野球場のように白線の引かれた砂地と、
石造りの鳥居が学校の敷地にあるのが見える。

「学校に神社があるのか~。」と感心したのと、
隣にいた誰かが「やっと平和な時代になってスポーツも学問も………」
と熱のこもった語り口で話しはじめたところで夢はおしまい。


夢の中で寝起きを味わって、やっぱり眠いものは眠いんだと実感。

その反面、昭和終盤ごろの生まれとしては
ちょっと申し訳ない気持ち。

歩き屋失格

おうち暴走族、やっぱり向かい風に勝てなかった。


家の掃除用にクルマ用ディテーリングブラシ(ちょっといいやつ)買って、
衝動買いした脚立を担いで帰ってきたらまた鼻ピーピー。


ピカールも買った。
日産のスパナがほぼ生まれたての輝きになって嬉しいです。


ああ、鼻が(略)


以前、鼻にティッシュを詰めてコーヒーを飲んでいたら
鼻から伸びたティッシュが黄昏色になった。
妙なあたたかさと香ばしさに戸惑うばかりで、
メタリックレッドのコンベックスで鼻の下を測る訳にもいかず。

あの時は何にキレたらいいかわからなくなった。


で、鼻が(略)



おうち暴走族「脚立の売り場ってどこですか?」

ホム江さん「出口の外ですよ!」

おうち暴走族「ああ!外ですね!ありがとうございます!」


日中でも日の当たらない場所で夜に品定めしたのがまずかったのかな。

しばらく脚立をガシガシ昇降したり、
上に乗ったまま横に揺れてみたり大袈裟にガコガコ揺さぶったり、


(地面が歪んでいるのか、展示品がくたびれているのか)
(お前は本当に耐荷重100kgなんですか?)
(中国製は耐荷重80kgしかない)
(ベトナムはいいね?耐荷重100kg信じていいね?)

至って真剣なんだけど、
体育館裏で脚立を脅す不良みたいだった。


重さがどのくらいかと片手で持ち上げたりしていましたが、
やはり迷彩柄のエコバッグはカモフラージュに最適だと思う。
もう片方の手に豚肉と豆腐をぶら下げてたから。

凍えながら何してるんだろう。




高いところが得意ではないから、
バカと煙ではないんだと再認識はしたけれど、
この日は6キロ半歩いていたらしい。

振り返ってみると拭いきれない何かが残ることをよそに、
まず鼻を拭こうねって。

鼻ティッシュに別れを告げたら、
散々脅した脚立によじ登って、
家の至るところをクルマのようにくすぐってやろうと思います。

ぶっちぎり(その2)

で、何気なく工具箱を漁っていたら


「NISSAN (ロゴ)MOTORS」



オープンエンドスパナ発見。
何でここにあるんだ………?

昨年はトミカ&京商の日産車ミニカーが続々と増えたけどねぇ。

こういうちょっとした偶然と言うか、何だ。
めちゃ嬉しかった。


サビ落としてきれいにしよう!

ぶっちぎり

・巻き尺
・油性塗料
・金属の尻尾が生えた強いカッター
・ミニパイプカッター


時間を忘れる工具売り場にて購入。



パイプカッターは金属パイプを切るための道具で、
処分するとなると出張引き取り(有料)になりがちな長物を
短く切断して不燃物として回収へ出すために買いました。

横幅なんかミニカーくらいじゃないかな。
初購入だけど、小ぶりでも超有能。
もっと早く出合っていればなぁ…………


きっかけは昨年。
ミニカーのホイールが破損してしまい、
色々調べているうちにアルミパイプからホイールを自作できると知って。
勝手を知らないので作ってないけど、
この時たまたま得た情報が今回はこうして役立つことになった。



なお、ミニカーの件でJDMタイプの深リムホイールに履き替えたMiataが
かわいい笑顔のまま極悪ハミタイ仕様になったのは、また別の話だ。

オーバーフェンダーありなし云々ではなく、
やっぱり純正ホイールが一番似合う。
泣きたかった。
そんなおうち暴走族の心痛も、また別の話だ。

うん。



で!こうして高さのあるフロアランプを解体して、
ようやくご苦労様できましたとさ。


いいよ。刃物。
粗大ゴミは積極的にギコギコするべきだよ。
ビニール傘はハサミでバチバチ切るよ!


2年くらい前にハンディーソーでパイプ椅子切ったけど、
これ30年くらい前のものかな。20世紀だからね。
使えるうちは大事に使いながら、
そろそろ新しいものも買い足しておきたい。



優れた工具類を造ってくださっている西日本のメーカー様、感謝。
…………いいよ刃物!


ただ、軍手は買っておこう。
Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Sort
Past
Link