Night walk

20200531_1


20200531_2
Nikon D5300


LomoLC-A

20200530_7
Nikon D5300

防湿庫にて。

電池の持ちがとてもよく、いつ交換したかすら忘れてるんですが、
光量が十分な時は左の赤ランプだけが点灯、
光量が少ない時には右の赤ランプも同時に点灯して手ブレを警告。

なかなかの親切設計。

まだランプ点灯してます。


先日届いたばかりのビデオライトをLC-Aにも乗っけてみたんだけど……
LC-Aの重量って250g。
ビデオライトのほうがやや重い(本体260g)。そしてでかい。

まあ個体差はあるにしても、思いのほか頑丈な手持ちのLC-Aなら
ビデオライト搭載でもイケるかもしれない。



ちなみにこのビデオライトの取説。

ほぼ読めない漢字ビッシリor英語オンリーで、
英語の方がまだ解読できるということでほぼ理解は出来た。

ただ、英語では「使用説明をお読みいただき誠にありがとうございます」的な部分が↓

20200530_8


感情の面でどう捉えたらいいのか。

青に染まる

20200530_6
Nikon D5300

すれちがう生き物

子供の頃から前方不注意と言われ続けたので、
やや斜め下ばかり見て歩く癖がついちゃってるんだけど。


今年に入って長い生き物をぼちぼち見掛ける。

でっかいムカデなんて2~3年くらい見掛けてなかったのに。


先週はマンションの敷地内にやたら長い蛇がいて、
恐怖心よりも珍しさから好奇心の方が大きいものだから、
思わず駆け寄って見に行ったんだけど。

襲い掛かってくるかと思ったのに逃げられた。

調べてみたらヤマカガシ?毒蛇らしいんだけど、
物っ凄い速さで逃げていった。


そういうものなの?蛇って。


そして先日、動画を観てたらノートPC横から黒い蜘蛛が視界に入って来て、
避ける間もなく太腿に着地したのがピョンピョン跳ねてどこかに行った。

と思ったら数秒後にズボンの裾から侵入される。

しっばらくバタバタやってました。裾。


家に蜘蛛がいるかいないかはまったく気にしないんだけど、
締め付けのゆるい、だらしない服ってダメだと思った。


全く関係ないですが、
湿度が上がりつつあって「あんず油」を時々使う。
米びつを豪快に引っ繰り返すという悲劇はもう繰り返したくないので、
改めてノンシリコンで行こうじゃないかと。

そうしていい感じに頭が小型化され、気分もデカく上々だったのに、
翌日起床して鏡を見たら岩ノリみたいになっていました。頭ごと。


やたらと多弁になるのは恐ろしく眠い時です。
やりたいことが沢山あるのに容赦なく眠い。

就寝前にコーヒー飲んで爆睡というね。

ハイイロキイロ

20200530_5
Nikon D5300

何かの間違いで

20200530_4
Nikon D5300

煙草を買いに行ったはずなのに、撮り歩かずにはいられず



20200530_1

青いはずの紫陽花が真っ赤に。


鯖折りManfrotto、キレッキレ上々。



そしてつぶつぶLED。

20200530_2
20200530_3

光量1パーセントで眼も潰れる眩しさ。

虹Get

20200527_8


20200527_7
20200527_6
20200527_5

今日届いた。

ロモグラフィーのColorSplashFlashが壊れて数年、
あちらは飛び道具的でしたが、
今度は懐刀で行こう!ってことで。


箱を開けてまず目に飛び込んできたのは

「RGBの世界へようこそ(直訳)」


来ました。キましたよ。


花摘み

20200527_1
Nikon D5300


20200527_2
20200527_3
20200527_4

おりたたみハサミにてマツバウンラン

Amazonから

閲覧履歴に基づくオススメ商品リンクがガンッッガン送られてくる。

三脚とか三脚とか三脚とか。
ながーーーいスクロールバーの頭からケツまで完璧に。

しかし機動性と頑強さと合理性を求める身としては実物ガン見主義。
店頭に絶対ないもの以外はスルー。

でもホント、ほぼ同じ価格帯のスタンド一脚を見送って良かった。
のどか極まりなく10年以上もホの字だったけれど、
店頭で飽きもせずガコガコガコガコ揺さぶりまくって正解でした。



さて、PCで視聴するYouTube動画はごく限られたジャンルで、
あとは全部テレビで視聴するんだけど、
海外のフォトグラファーによる撮影ハック……ハックって何だろう?
相変わらずそういうものをたくさん観ている。

当然英語だもんで、三脚も「ちょらーいぽーっづ」。

もう三脚が頭をよぎるたびに「ちょらーいぽーっづ」。

サバオリちょらーいぽーっづ。
Amazonからごっそりオススメちょらーいぽーっづ。


「フジヤーマ↑ハラキーリ↑オイシイデース!」的な。

ここに「鯖折り辻斬り」が加わったら一層ステキだ。


さて。
親指AFなるものを知って、本当に便利なのかどうか実践しているところ。

これは、通常シャッターボタン半押しでフォーカスして更に押し込んで撮るのを
シャッターボタンは単にシャッターを切るだけの機構にするというもの。
代わりにボディ背面にあるボタンを親指で押してピントを合わせるんだけど。

忙しなく動き回る物体を撮る事がほぼないので、
今のところシャッターボタン半押しの置きピンと大差ないかな……
単に「急に変えても違和感あんまりないですよ」という印象。

とは言っても色んな撮り方を知っておく方が絶対いいので、もうしばらく親指AF。

楽しもう。

20200526_1
Nikon D5300

「セレクトカラー」にて空だけ青く。

カランカラン

広大な公衆トイレに突っ立って呆然としていた。

トイレットペーパーの銀色なホルダーが
例外なく個室の天井にくっ付いてる。


何だ。何なんだ。ここは地獄か。




という、どう考えてもバカバカしい夢なのに、
どうしてあんなマジになって慄いていたんだろう。

Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Sort
Past
Link