2月9日

20200328_2
20200328_3
Nikon D5300


先月9日に撮った写真があったのを思い出した。

空があんまり青いので何だかすんごい色になったけど、
やっぱり梅と桜が同じ時期に咲いてくれるのは嬉しい。

テレビ

観なくなった。

戦争は需要があって引き起こされる。
いつの時代も仕掛ける側と助けてくれるように見せる側は同じ人たちだ。

信頼できるもの、信じたい情報は自分で選ぶ。


観なくなりましたね。テレビ。


今年は靖国の桜を見られそうにない。
だからせめて手元で眺めようと思う。

20200328_1

正義

20200322_1
Nikon D5300


20200322_2

20200322_4
20200322_5

20200322_6




茶色が絶対的な正義だとは思っていないんだけど、
出来上がるものは大体茶色い。

しかし茶色ばかりではつまらないので

20200322_3

カレー粉でマッキッキなカシューナッツのパン。
結構イケてた。



イーストはいつもサフの赤を買うんだけど、
先日切らして買いに行ったらゴールド(耐糖タイプ)しか無かった。

甘いパンって作らないんですけども。
買った。

3月14日

20200315_1
20200315_2
20200315_3
20200315_4
20200315_5
Nikon D5300

雪。

もう降らないと思ってた。


20200315_6

ありがとう空。

6年ぶり

そこそこ長い眠りについていたノートPCを久し振りに起こす。


「XPさん、ちょっと起きて」

「画像データをサルベージさせて」


ブロロロローン

「あれ。もしもしXPさん、起きてます?」


……ピーピーピーピーピー!

(げっ!)


気を取り直してもういっちょ起動。


ブロロロロロロローン



そして長い沈黙のあと、あの聴きなれたピアノの音色が。

画面焼けでグラフィック系がちょっと気になるくらいかな。
iTunesのアイコンも青いまま。……いつの?

いやー、それにしても。
昔のノートPCってこんなに静かなのか!



通電せずにそこそこの年数を経ているにもかかわらず
日付がちゃんと2020年3月10日だった。30分くらい遅れてただけで。

こういう健気なところ、大好きなんです。




もう二度とネットに繋ぐことはないし、
バックグラウンドで忙しく計算させられる必要なんかないって思うだけで安心。

ときどき遊んであげよう。

視る

20200301_7
Nikon D5300


以前、モノクロ撮影時にカメラ側の調色設定で選べる
「Cyanotype」について少しだけ触れた。
モノクロは大別してB&W/Sepia/Cyanotypeの3つ、サブに7色。

シアノタイプは青写真と言うだけあって、
ネット検索で上がってくるものはみんな青い。


でもV1とD5300のディスプレイで見るシアノタイプ、
どう見ても紫色じゃないか?


サブには「Blue」「Purple Blue」などの色があって、Blueは確かに青い。
しかしPurple Blueに至っては紫に見えずピンクに見える。

いずれも彩度高めで撮れば違いはハッキリするんですけども、
色調を選ぶ段階でシアノタイプ=紫、パープルブルー=ピンクに見えるという。


「紫に見えるものが紫じゃなくて、紫がピンクで……」



これがRGBだけの問題で、光っているから見え方がちょっと違うとか、
CMYK(印刷時)に変換された段階で違いが分かるとか、それならば納得はできる。

ただ、肉眼の色覚に問題があったらどうしようって。

20200301_8


目玉を掃除する訳にもいかないしなー

ミラーアップできないものなー


そう言えば。
去年買ったレンズペンの「セーム革」はどうも鹿革のようだ。

漆黒に染まったヤギ毛ブラシの反対側に鹿革。
そして、どこの馬の骨とも知れぬ馬の毛を生やした↑ブロワーブラシ。


「ヤギだけシカトすれば馬鹿だ!すごい!」


こうやって感心しているアホが「総裁」と名乗り続けて20年経ちました。

Illumination

20200301_1
Nikon1 V1

20200301_2
20200301_3

クリスマスツリーの電飾。
片付ける時に点灯させて数枚撮っていたんだった。

20200301_4
20200301_5
20200301_6
Nikon D5300

電球はソケットから樹脂製シェードごと外せるようになっていて、
近年は破損防止のためにコードとは別に仕舞うようにしたんだけど、
電球の繋ぎ方を間違うと二列ある配線の片方が点かなくて。

ひとつ抜け落ちていても点かないし、接点になる銅線が歪んでいてもダメ。
結構神経を使うんですが、発光ダイオードにしようとは思わない。

このツリーは1歳の時に祖父からプレゼントされたもので、
今年のクリスマスで34年かな。

明かりが灯るとほっとする。宝物です。

Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Sort
Past
Link