20190629_5
20190629_6
20190629_7
20190629_8
NikonD5300



「アイ・イン・ザ・スカイ」という超が付く名曲。
「Flame-Sky」という曲もある。
「青空、ひとりきり」。

色んな人の音楽になったり歌になったり、
よく色褪せずに存在しているなと思って。

おのののく

全身破裂しそうなほど熱いなーと思ったら37.2℃。
両手が燃えるようだ。


キた。夏がキた。




敵も来た。


防衛線、キッチリ張っていたんだけれどな。
緑のグルグルで狼煙を上げてたわけですよ。

なのに領地侵犯されちゃって。

小者のコックローチ1匹でさえ眠気も吹き飛ぶほど憎いです。




それでもやっぱり駆除専用の薬剤を買ったら
アッサリ負けを認めたようで嫌なんですね。



今、何が好きですか?と訊かれたら


高気圧
眼に痛い青空
排気ガスの匂い
漂白剤
地平線


こう答えます。メンタル的に。


さてー。やるか。

無題

20190629_1
20190629_2
20190629_3
20190629_4
NikonD5300

向こう側

20190623_1
NikonD5300

洗礼

「あれあれ、キリストさんマリアさん、
キャビネットの上に突っ立ったままでだいぶ汚れてるじゃないですか?
ちょっと洗ってキレイにしますんで。

悪意なんか全然ないからね」


雪のように輝く純白の親子を
漂白剤のプールに沈めたのは何年前だったか。

今回は弱アルカリ性洗剤でタワシによって洗浄するという
優しさあふれる暴挙に乗り出してみた。


爆速でキレイになってよかったです。



意図せずしてそういう幼稚園に通っていたので、
卒園記念的にそのような像があるけど、厳密に言うと卒園してない。

自主的に建物のどん詰まりへ赴いて毎朝礼拝するなんて恐ろしい。
香の立ち込める礼拝堂がひたすら怖かった。
飲めない牛乳を先生に諭されながら毎日持ち帰らされた。
(当時のテトラパックを想起させるピラミッドもあんまりいい気がしない)
クリスマス会の特製弁当に入ってたリンゴがしょっぱかった事とか。
神父さんを「シンプソン」「トンプソン」と間違えてた事とか。
園長先生を「そんちょうさん」と間違えた事とか。

今でも「まあ似たようなものだ」と開き直る。


なお、純白親子のお隣さんはロシア出身のマトリョーシカと
ウルトラ怪獣2名という構成です。

恨みなんかない。ないんですよ。

ないけど。




ラーメン(合掌)

当時、影でこう言ってました。

満月

20190622_1
NikonD5300


横の世界

駅の改札機みたいな装置に指を触れる。

すると、ジェルボール洗剤のような紫色の物体が瞬時に現れ、
自分にぴったりの万能薬が出来上がる。

何だか近未来な世界だなーと。

それを近くに居た太っちょなオッサンに見せたら、
注射器のような小筒に移し替えながら


「イギリスとかドイツのはね、全然ダメなんだよね。

やっぱこれがいいんだよね」


そう言って豪快に笑い、筒の中身を一気に飲み干した。



「なんて世界だ」と思いました。夢とは言え。


無題

20190618_1
20190618_2
NikonD5300


無題

20190616_1
20190616_3
20190616_4
NikonD5300


無題

20190614_8
NikonD5300


Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Sort
Past
Link