ステイシヨン

ぼやけて写った生まれ故郷の駅に元居た街の駅が重なって見えた。
暫く見ないうちにどこか変わってしまったろうか。
20130227_2


自分から撮り鉄に扮する事はまず無いけれど、
新しすぎない駅や入り組んだ構造の駅などは被写体として魅力的に感じる。
20130227_1

NikonF3(2010年10月)

BW array

20091022
NikonF3

長く親しんだ街がこの先にある。
ターミナル駅をもうひとつ過ぎれば信号の緑や赤いろの光をくぐり、
たくさん並ぶ線路からひとつ選び出したように走り出す。あの音が好きだった。

某日

20130222_3
20130222_2
RefLomoLC-A


夕景

20130220_1
20130220_2
RefLomoLC-A

少し遅い時間に駅へ向かう途中でいつしか擦れ違った親子自転車。
道のまっすぐな所で後ろに乗る子供が「この道なんの道?」お父さんに尋ねると、
お父さんはゆるやかな蛇行運転をしながら「この道は帰り道だよ」と答えた。
静かな夕刻に偶然聞こえてきた会話。

写真とは関係ないが、たまに詩人を見掛ける。

造形と色彩

数年前に書店で「ホームフード」を手にして以来、食べ物の写真に興味を持つようになった。
分厚くて写真盛りだくさんのレシピブックなんだけれど、芸術書のようで見飽きない。
料理のために使うと言うよりは眺めるのが専門になっている。
→http://www.murdochbooks.com.au/default.aspx(出版元リンク)

20130215_1
「食べかけ」
面白半分で初めて作ったのもガトー・ショコラだったな。
100gのマーガリンは気持ち悪いが、100gのバターに動じなくなった事が恐ろしい。


20130215_2
「部屋から白黒」
青い空を青く映すならアナログの方がいいな。LomoLC-Aで白黒はあまりやっていないので、
いつかまとまった枚数の風景を撮りに行けたらと思う。寒いけど。

(Nikon1 V1/マニュアル露出)

公園へ

20130213_1
Nikon1 V1/マニュアル露出

寂色

20130208_1
PRISMOID/フォント撮影モード

たまにはカメラ・オブスキュラじゃないカメラの事を書いてみよう。
これは日中の自然光(曇天)と蛍光灯下(逆光)でPRISMOIDによって撮った画像。
(ホワイトバランスとは別の「シーン設定」があり、フォントモードで撮影)

もともと「驚きの高画質」を付随させた携帯電話に魅力を感じない。
誰もがランドマーク的な被写体に携帯電話を翳すあの行為も嫌になりつつある。
だからカメラはカメラ、音楽プレイヤーは音楽プレイヤー、ゲームはゲーム機、
随分ひねくれてるねと言われそうだが、本当に必要がないので必要としない。

…しかしどうしたものやらPRISMOIDは時々Lomoに似た色彩で撮れる。
暗い室内や日陰で何とか手ブレを抑えたけれど画の端にモヤが出た、
目測ピントは合っている。そんな時の青みがかった写真。
ざらついた質感自体はやはりデジタル特有であるものの、
110フィルムとポラロイドとLomoを混ぜたような印象。
条件を探り当てる事が出来れば好みの色が出るだろうし、なかなか楽しめそうだ。

FC2トラックバックテーマ 第1603回「ピアノで弾ける曲目はありますか?」


FC2トラックバックテーマ 第1603回「ピアノで弾ける曲目はありますか?」



ゲンソウソッキョキョk……幻想即興曲だけ弾ける。
電子ピアノに内蔵されている自動演奏やCDを繰り返し聴いて覚えたけれど、
「楽譜にあるト音記号の書き始めは「ソ」なのよ」と昔教わった事を覚えているだけで
極めて初歩的なCDE(ドレミ)などはまったく読めない。

何故この曲かと言われたら、綺麗で格好いいから覚えたくなった。
一番最初に覚えようと思った曲はトルコ行進曲だったけれど、
自分の右手ではあの力強いオクターヴが駄目であるし、
好きな曲目ではアルペジオでカバーできる幻想即興曲しかない。
だからトルコ行進曲はまだ弾けない。

いつしか曲解説の本に抜粋された幻想即興曲(楽譜)を目にして
目から鼻血が出そうになったのを思い出す。
これはオタマジャクシじゃない、目刺しにされたコウナゴのくぎ煮ではないか。
一本ずつ芸術的に並べられた芽ひじきのようでもある。こんな羅列を読める人は凄い。
でも作った人はもっと凄い。このおびただしい目刺しを即興と名付ける所が殊に。

つくづく習い事に向いていない。


ちなみに、ショパン繋がりで「子犬のワルツ」。
あれは聴いているだけで口がもつれそうになる。
俺には鼻赤の酒飲みが一輪車の飲酒運転をしている光景しか浮かんでこない。

それでいてなかなか耳の底から剥がれない旋律に慄くのである。だからショパンは凄い。
いつか弾けたらいいな、革命のエチュード。
Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Sort
Past
Link