心もよう、曇り

愛でるわけでもなしに花を折る人間。

どんな気持ちで?

犯人が捕まればその時ばかりは安堵に包まれるが、
この手の報道により反覆行為を起こす人間は必ず現れる。
例に漏れず、4月は似たような件が少なくなかった。

情報伝達が早いに越したことはない。
しかし機械的な詰め込み報道では却って反覆の助長となりうることも事実。
それと反比例するかのように、近年は外見に気を配るキャスターが目に付く。
美しさは内面にこそ抱いて欲しいと思う。
たとえ些細な事であっても、真実を伝える場に立っているのであれば。


花を生かそうとしても枯らしてしまう自分にとって、
生み出す苦しみを以って美しい花を育て上げる園芸家たちは創造主に違わぬ。

それゆえ「花=器物」というのはややショックだった。
ちょっと、乱暴だなって。

無感情

20080420_1

少し風の強い日、誰も居ない場所から

混沌風味の某台場(去年)

※撮影カテゴリから大きく逸脱した記事です


去年6月にノマディック美術館へ足を運んだ後に撮影してたんだけど、
久々にフォルダを見てたらカオスな写真が。
(サイトではまだ公開してない)

コレ
20070621_01


真っ赤なパラソルを左に寄せて狙って撮ったのに、
右奥にはデジカメらしきブツを構えてる男子が若干2名。

あー。手ブレ補正機能付きのデジカメか。

脇も締めずバンザイポーズで撮るなんて考えられん。

手ブレ補正機能なんか羨ましくない。
断じて羨ましくなんかない。


それにしても何てシュールな光景だろう。
狙ってハズす事ほど虚しいものはないが、狙ったら他のものまでハントしてしまった。
スローシャッターの便利さはたまにこんな脅威になって襲い掛かってくる。

や、ソフトを使えば若干2名の男子を消すのは簡単だけど。


消したけど。
20070621_02

この1枚に関しては絶対展示しない。
乱暴な手の内を明かしたからには。

短命

080405_1
K.D.R

花を買った


続きを読む

秘め事

080402_3

いい事を教えてあげようか。

ホントは花が咲いてる。
ホトケノザという紫の花が落陽に染まって。

続きを読む

死と隣り合う季節

080402_2
080402_1

バラ科の植物が美を競って魅せる。
散ることを恐れずに咲く花の存在が好きになり始めたのは、いつだったか。

体調が良くなったら桜を撮りに行きたい。
Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Sort
Past
Link