激シブ

ミニカー。

・オーバーフェンダーがすてきなケンメリ目当てで見に行く→不在

・いつか買う予定でいたハコスカ→不在

・選ぶことはないがいつも必ずあるスーパーシルエット→今日は不在


“納車待ち”がとにかく目立つ。

トミカプレミアム枠では初のクラウンパトカーも不在だった。
あんなに売れ去り率の高い光景は初めてだ。

春だしな。検挙まつり中だな。




しょんぼり諦めかけて振り返ったら、
トミカプレミアム版スカイライン3台組コレクションがあるじゃない。

16日発売だったらしい。

困ったことに、単体で販売されているものより
こちらのカラーリングの方が断然好み。

そして一箱しかない。

(運命)



こうして手元に来たスカG御三家。

黒のオーバーフェンダーに白がまぶしいケンメリ。美しい。
ハコスカも赤すぎない赤のカラーリングとボディ形状が相まって存在感抜群。
粒子の細かいメタリックで睨みの効いたターボおじさんもクールで渋い。


クルマの顔って時代によって国内外で共通性はあるものだけど、
こう見ると近代のデザインが二重整形と目頭切開だけでは飽き足らず
顔の部品をみんな後ろに持っていこうとしているシュレックにしか見えなくなってくる。

お金にきたない夢のポリコレ帝国が
あらゆる映画製作プロダクションを囲い込んで
境界線ゼロにされた失望感に似ているかも。


あの、なんつうの。
共感は得られないかもしれないけど、
悪は決まって最後に巨大化するってどこかで見聞きしたんだ。

どこまで醜い支配欲を撒き散らすのか。



話が脱輪した。

………神様、ミニカーに夢中でごめんなさい。
欲望に勝てずごめんなさい。
この日カバンに潜んでいたのもスカイライン(R32)です。

重ね重ねごめんなさい。


でも相変わらずHELLCAT(RC)がかわいい。
丸目のクルマとネオクラシックが大好き。


それが3月25日だったんですが、
今日はちゃっかりファイヤーバード。
トミカプレミアム枠のアメ車って貴重だよね。

このすぐ後にDATSUN(620?)のピックアップトラックを見かけた。
愛嬌のある表情に思わず二度見。


神様、おうち暴走族は70年代も大好きです。

……負けるなアメリカ国民。

髪を20グラム切った。

頭爆発の春だ。
傷んだ前髪を食いながら歩くのはもうたくさんだ。

…………髪をジョキジョキ切ると体重減るよね。
ハサミを握っている2時間弱、これはある意味闘いなのかもしれない。

今回カリスマ美容師降臨は何とか阻止しました。

春だ。
久し振りに前髪を作ってさっぱりした。


やっと春だぜオ"ェェエアェイ!

Sammy!!!!!

あんまり寒いと日頃の調理にも行き詰まってヤル気が向かわなくなる。

基本はご飯なので、変化系としてチャーハンやリゾット、お粥などにするし、
麺類は8割方パスタ料理か。

何も考えたくないときにはカンパーニュを1本こしらえてスープを作る。
キャベツと玉葱さえあればなんとかなるから。


それでも「かったりーな」と思う日には違ったことをする。
何かしら肉をじっくり煮込んで、付け合わせに中華まんじゅう!

饅頭(マントウ)。
マン島TTレースではない。


この世に時間が存在していて本当によかった。
時間に調理してもらうと考えるだけで気負わず楽になるから。


何となく作って上手く出来たものは大体レシピとして書き残してあって、
これもここ10年くらいの間に書いたものだと思うけど、
いざという時に役立つと「残しといてよかったな~」って。

食材を無駄にしてしまうことが一番嫌なので。
パンものの作り方もだいぶ変えてきたので、新たに書き残すかな。



ただ、せめて字くらいはきれいに書きたいもんだ。

14日

夢の中で眠る夢を見る。
夢だというのに布団で目が覚めて、
隣にいた人に「あ、ごめんね~」と声を掛けられたことだけは覚えている。


そのあと場面が吹っ飛んでどこかの公立高校にいた。
マンションの階段の昇り口くらいしかないところに学生が吸い込まれていく。
全校生徒がこんな狭い昇降口から校内に入るのかと、
自分もぞろぞろ階段を昇る集団の中にいたので途方にくれた。

やっと4階あたりまで来てガラス窓から校庭を見下ろしたら、
野球場のように白線の引かれた砂地と、
石造りの鳥居が学校の敷地にあるのが見える。

「学校に神社があるのか~。」と感心したのと、
隣にいた誰かが「やっと平和な時代になってスポーツも学問も………」
と熱のこもった語り口で話しはじめたところで夢はおしまい。


夢の中で寝起きを味わって、やっぱり眠いものは眠いんだと実感。

その反面、昭和終盤ごろの生まれとしては
ちょっと申し訳ない気持ち。

歩き屋失格

おうち暴走族、やっぱり向かい風に勝てなかった。


家の掃除用にクルマ用ディテーリングブラシ(ちょっといいやつ)買って、
衝動買いした脚立を担いで帰ってきたらまた鼻ピーピー。


ピカールも買った。
日産のスパナがほぼ生まれたての輝きになって嬉しいです。


ああ、鼻が(略)


以前、鼻にティッシュを詰めてコーヒーを飲んでいたら
鼻から伸びたティッシュが黄昏色になった。
妙なあたたかさと香ばしさに戸惑うばかりで、
メタリックレッドのコンベックスで鼻の下を測る訳にもいかず。

あの時は何にキレたらいいかわからなくなった。


で、鼻が(略)



おうち暴走族「脚立の売り場ってどこですか?」

ホム江さん「出口の外ですよ!」

おうち暴走族「ああ!外ですね!ありがとうございます!」


日中でも日の当たらない場所で夜に品定めしたのがまずかったのかな。

しばらく脚立をガシガシ昇降したり、
上に乗ったまま横に揺れてみたり大袈裟にガコガコ揺さぶったり、


(地面が歪んでいるのか、展示品がくたびれているのか)
(お前は本当に耐荷重100kgなんですか?)
(中国製は耐荷重80kgしかない)
(ベトナムはいいね?耐荷重100kg信じていいね?)

至って真剣なんだけど、
体育館裏で脚立を脅す不良みたいだった。


重さがどのくらいかと片手で持ち上げたりしていましたが、
やはり迷彩柄のエコバッグはカモフラージュに最適だと思う。
もう片方の手に豚肉と豆腐をぶら下げてたから。

凍えながら何してるんだろう。




高いところが得意ではないから、
バカと煙ではないんだと再認識はしたけれど、
この日は6キロ半歩いていたらしい。

振り返ってみると拭いきれない何かが残ることをよそに、
まず鼻を拭こうねって。

鼻ティッシュに別れを告げたら、
散々脅した脚立によじ登って、
家の至るところをクルマのようにくすぐってやろうと思います。

Profile

総裁

Author:総裁

Recently
Calendar
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Sort
Past
Link